人生創造的終活

「終活」という言葉が今は普通に会話の中にあり、雑誌の記事、テレビやラジオ、ネットニュースや記事でもよく目にするようになっています。
「終活」は、年をとってからするもの・・・と思っていませんか?40代や50代、まだ体力のあるうちから意識をしてほしい。「死」ということを。
これは、マイナスにとらえるのではなく、残りの人生を「自分で生きていく」ためのものなのです。
「終活」とは、お葬式の準備や遺言など、死んだ後のことだけの準備にあらず。
いのちには限りがあることをしっかりと認識できたなら、より「今」を「これから」を自分らしく生きていけるはずなのです。

一般的な「終活」のご相談やセミナー等も提供していますが、
「50代からの人生創造的終活 ~今をきらめいて生きる~ 」をより広く提唱したいと思っています。