大切な想いを言葉に
~グリーフケア~

死別の悲しみから見つける
大切なあの人からもらった宝物

お知らせ・ブログ新着記事は下記です

グリーフケア/Grief Care

グリーフとは、深い悲しみのことで、悲嘆(ひたん)ともいいます。あなたにとって大切な人を亡くした時に感じる、絶望感にも似た、もうこのまま立ち直れないのではないかと思うような硬直した心。精神的なものだけでなく、時には身体状態にも影響を及ぼすこともあります。このような『喪失』によって起こる心身の反応や状態には、時にはケアが必要なことがあります。
ですが、「悲しみ」は決して悪い感情ではなく、悲しみを無理に抑えることなく、悲しみ切ることも必要です。そして、その悲しみは、あなたにとって何かを気付かせてくれたり、転機となることもあります。

また、『喪失』によるグリーフは、死別だけを指すのではありません。あなたにとって大切な人・モノ・コトなどを失うことは、いずれも『喪失(そうしつ)』です。
例えば・・・恋人と別れた、大切な思い出の品を失くした、離婚、病気や怪我で身体の一部を失った、ペットを亡くした、リストラにあった、起業したがうまくいかなかった、災害により住居や財産や仕事を失った、認知症で記憶が失われていく、など、人は人生で大なり小なり、さまざまな喪失を経験しています。その喪失体験による、心身に起こる様々な反応が「悲嘆・グリーフ」です。

もっと読む

逝きし大切なあの人、そして あなた

一般社団法人ことの葉アカデミアは「きらめく 尊い いのち」を主たるテーマにしています。
そこには、「生きる」と「死ぬ」の両方が存在しています。

『死別』ということに直面したときには、「あなたの大切な人のいのち」に対して悲しみにまつわる様々な感情にさいなまれ、その中に自分自身が丸ごと入ってしまっているかのようになるかもしれません。
でも、そのような感情は自然なことであり、否定しなくてもいいのです。

そして時と共に、故人と自分との関係性を見つめ、結びなおしていく時期。
その先には、自分と自分の関係性を結びなおし、「あなたのいのち」をしっかりと尊び、熟成されたあなたとしてこれからを歩んでいく時期・・・

その流れを、ゆるやかに しなやかに しっかりと 歩んでいくことができるよう、寄り添うケア、サポートとなる存在でありたいと思っています。

一般社団法人 ことの葉アカデミア
代表理事 坂田 由紀子

新着情報/お知らせ・ブログ最新記事